財産分与と債務③

財産分与で債務を考慮すべき場合はどのような場合でしょうか。

①住宅ローン

問題になりやすいのは住宅ローンです。

夫婦の資産形成のための債務なので、財産分与において考慮すべきということになります。

リフォームなども含まれるでしょう。

②投資

不動産投資などは財産を取得するためのものですので考慮してもいいと考えられます。

投資の結果、債務しなかないというのであれば考慮は出来ないでしょう。

③生活費のための借り入れ

生活を維持するための借り入れ、例えば医療費や教育ローンなどは考慮されます。

ギャンブルなどは考慮されません。

トップへ