不法行為の消滅時効

不法行為に基づく損害賠償請求権の消滅時効は旧法では、損害及び加害者を知ったときから3年、不法行為の時から20年とされていました。

これが債権法改正により、生命身体の侵害に対する損害賠償請求権については、5年となりました。

そして、特則で改正民法施行時に3年の時効期間が経過していなければ、生命身体の侵害に対する損害賠償請求権については、5年に延長されることになっています。

この延長に関して、改正民法施行時後に3年を経過しているケースが見られます。生命身体の侵害の場合は5年に延長されるので注意が必要です。

3年の時効期間が経過したと思っていたが、実は5年だったということになり、気がつかずに時効が完成してしまうということもあり得ます。

 

弁護士法人アイリス https://osaka-irislaw.com/

 

<枚方みらい法律事務所> https://www.hirakata-mirai.com

〒573-0027
大阪府枚方市大垣内町2-8-10宮村三甲ビル4F

<茨木みらい法律事務所> https://www.iris-mirai.com

〒567-0034
大阪府茨木市中穂積1-1-59 中穂積ビル405号室

 

TEL:0120-724-721

 

離婚専門サイト https://www.rikon-irislaw.com/

相続専門サイト https://www.bengoshi-souzoku.com/

企業法務サイト https://kigyouhoumu-irislaw.com

コラムの最新記事

トップへ